Hungarian-Denish-House

hdmuseum.exblog.jp

NZ出身半分マジャール人俳優「Marton Csokas=マートン・チョーカシュ」を探す旅を中心につれづれなるまま狼日記。「Voice from the Stone」が楽しみ過ぎる。。。日本公開あるのかわからないけど(苦笑)

カテゴリ:Marton+London( 6 )

トラファルガー広場の端っこから、地下鉄チャリング・クロス駅に降りたんですが、ここは自動券売機とインフォメーションしかない改札口。
狼さんが買おうと思ってるのは7日間利用出来る「セブンディ・トラベルカード」。
これだとピーク/オフピークに関係なく、地下鉄とバスに乗り放題。
1日利用の「ディ・トラベルカード」なら自動券売機でも購入可能なんですが、セブンディは窓口でしか購入出来ない。もしくはニュースエージェントか、オイスターカード(日本のSuicaやicokaのようなICカード)を取り扱ってるキオスクなどで購入出来ます。
で、構内を見回してみたら、案の定、ありましたよキオスク。
試しに聞いてみたところ、オイスターカードでなら「セブンディ・トラベルカード」を扱ってるとのこと。
デポジット、かかるけどICカードの方が便利だからここで購入。現金でしか扱ってないのはちょっと誤算でしたが(苦笑)

では早速、地下鉄に乗ってみましょう!

英国では"Tube(チューブ)"って言うんだよ。
by Mc-Wolf | 2011-04-26 19:16 | Marton+London
2月25日(金)です。

目覚ましは朝7時にセットしておいたのに、目が覚めたのは6時。
ちょっと早いなぁ、と思いながらしばしベッドでだらだら。まだ外、暗いし。
でも喉が渇いたのでTVを点けてBBCのニュースチャンネルを見ながら湯沸かしポットをセット。
ロンドンも水道水が飲めます。
そのままでは飲みませんでしたが、普通に沸かしてがんがん飲んでました。
もちろん問題無し!というか、毎日のお通じが快調だった(爆)
f0009833_171116.jpg
お部屋にあったコーヒー&紅茶セット。
インスタントですがコーヒーは2種類。少なくなるとちゃんと補充してくださってたので、毎日コーヒーは3~4杯。
紅茶も1杯は飲んでました。紅茶、ホテルのオリジナルブレンドで、かなりコクのあるお味。ミルクティー向きですが、コーヒー党にはストレートで丁度良い感じ(笑)
インスタントのホットチョコもあって、こちらも甘すぎず結構美味しかったです♪

やっぱり朝ご飯はしっかり!でしょう(笑)
by Mc-Wolf | 2011-03-09 19:20 | Marton+London
London時間でまだ18時。
ホテルに帰るのもなんだかもったいないし、ちょっとだけ、立ち見でも良いから観ちゃおうかなぁ、なんて迷いもあって、川沿いの遊歩道-クイーンズ・ロード-をふらふらお散歩。

ウォータールー橋の下を通って、クイーン・エリザベス・ホールとロイヤル・フェスティバル・ホールの前を通って、ロンドン・アイを目指します。
f0009833_18163232.jpg


実はあんまりしたことなかったな、夜景鑑賞って(苦笑)
by Mc-Wolf | 2011-03-08 18:49 | Marton+London
昨年10月、再びのNYCへ旅立つ前に押さえてしまったLondonのナショナルシアターでの『Twelfth Night(十二夜)』のチケット。
年が明けて2月の事とはいえ、実際に行けるかどうかなんて全然わかってなかったけど、言ったモン勝ち!とばかりに、マートンに「行くよ」と言ってしまったハロウィンの夜。

NYCから帰国してもドキドキワクワクが続くはずが、年末からは怒濤のような忙しさでそれどころではなく。。。
思いも寄らないハプニングやトラブルの連続で、1月中はもう半分諦めかけてました。

それでも、公演の情報が入ってくれば、やっぱり諦めるコトなんて出来ない自分がいて・・・。

自分がやらなければいけない事は根性と周りの協力でなんとか無事終えることが出来、あとのトラブルは、もう自分がドタバタしてもどうしようもないので、成るようにしか成らない、と割り切って。

未だかつて無いくらい、慌ただしい状態で2月24日(木)に成田空港から旅立ちました。

ゆっくり支度も出来なかったので早めに空港入りして、免税店でお買い物。
マートンと約束した焼酎も、結局空港で買いました。
ほら、免税店なら英語の説明付いてるから(苦笑)

空港着いた時は雨模様だったんですが、出発の頃には雨も上がって。。。
f0009833_164010100.jpg


飛行機はいつものJALさんです(苦笑)
by Mc-Wolf | 2011-03-08 18:12 | Marton+London
すっかりご報告が遅くなってしまいましたが、3/4(金)の夕方、無事に帰国いたしました。

土日は荷物を片付けつつ、だらだらと過ごしておりました。
今日からまた普段通りの生活なんですが、久しぶりに10日も休むと、職場復帰がしんどい(苦笑)
・・・来月また社員旅行で海外(4日間ほど)なんですけどね(再苦笑)

倫敦は、今まで行った都市の中では一番落ち着いて楽しめた気がします。
国立の美術館や博物館が入場無料ってのがホントにもう(笑)
ミュージカルは特別安いワケではないですが、ナショナルシアターは「ホントに?」って聞きたくなるくらい安かったので、結局4回行きました。
バックステージツアーも面白かったし♪

ナショナルシアターは国立なだけあって色々と今までの様に気安くは行きませんでしたが、それもで3回、マートンにも会えました。
マートン、凄く忙しそうで時間はあまり長く取って貰えませんでしたが、でも会って貰えましたから良い、と思ってます。。。ちょっと淋しかったけど(←殴!)
ああでも、今回は2ショット写真はアップ出来ないかも。。。つか、あれは無理!(爆)
なので、見たい方はお会いしましょうね~(←蹴)

また仕事の隙間をついてレポをアップしたいと思ってます。
気長に待っててくださいませ。
f0009833_1754944.jpg
お土産屋さんで見つけたサッカーチーム・アヒルさん達。
倫敦、なんでもアヒルだった(笑)
by Mc-Wolf | 2011-03-07 17:56 | Marton+London
現在、マートンはロンドンにおりまして、舞台に立ってます。
シェイクスピアの『十二夜(Twelfth Night)』でオーシーノ公爵の役です。
劇場はロンドンのサウスバンクスにある「The National Theatre」内「Cottesloe Theatre」です。
ナショナル・シアターには3つのホールがあって、ここはそのなかでも一番小さなホール。
小さいって事はお客さんも近いし、マイクなどの音響設備は使わないんだろうな、きっと。
 
この役は以前、シドニーのカンパニーBによるプロダクションで、リチャード・ロクスバーグ演出でも演じています。
しかしシェイクスピアの母国、演劇都市ロンドンでの舞台ですので、正統派な演技を求められてるのか、はたまた新たなる演出でのチャレンジなのか。。。

先週からプレビュー公演が開始され、ロンドン時間の昨18日がオープニングでした。

レビューはぼちぼち上がってきてるのですが、写真は全然出てこない・・・。
もう2~3日待ったら出てくるのかな・・・。

お写真追加しました(1/20)
by Mc-Wolf | 2011-01-19 18:37 | Marton+London